お葬式は普段使わないものばかりが必要です

お葬式は、香典など事前にそろそろ準備しなければという心構えがあればまだいいのですが、急な事となると悲しんでいる暇もないほど大変なものですね。

夫の仕事の関係者が急にお亡くなりになった時の七転八倒をお話したいと思います。

まず、普段着ない礼服を引っ張り出してみたら数年のうちに太ってしまったためにズボンが入らず何とか着れそうな上着もシワがくっきりとついていました。

礼服は若い頃オーダーメイドで作ったものだったのに、なんという事でしょう。

更に礼服に合わせる靴も、経年劣化で靴底が剥がれていました。

夫が紳士服売り場へ行っている間、わたしは白いワイシャツに浮き出た黄ばみと礼服のシワを相手に

奮闘を強いられました。

ネットで頑固な黄ばみの落とし方を調べ、何をどうやっても落ちなくて、最後の手段でオキシドールを使いました。

何とか「よく見れば少しシミがある」程度まで復活させる事に成功しました。

一方上着のシワです。礼服の素材はウールでした。ハンガーにかけて、根気よく霧吹きで水をかけ、

ウールが元に戻ろうとする性質を利用してシワ取りを試みました。こんな時スチームアイロンがあればよかったのですが、うちにはそのようなものもなく、根性ひとつを頼りとしてどうにか見られるほどに直した頃にはくたくたでした。

他にも香典袋には故人の宗旨によって種類がある事、名前は薄墨で書く事、袱紗がなければ黒いハンカチで香典袋を包む事。

大変でしたが、大人としての常識を学ぶ機会でもあり、最後には故人を思う時間もできたので人として良い経験を積んだと思っています。

PR|生命保険の選び方|お小遣いNET|GetMoney|英語上達の秘訣|サプリメント|英語上達の秘訣|ショッピングカート|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|オーディオ|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|童話|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|