家族葬が向いている人はどんな人?

家族葬は一般葬と比べて参列者が限定されるので葬儀時の参列者への対応の負担が少なく済むなど、様々なメリットがありますが具体的にどんな人に向いているのかよく分からない方も多いと思います。

家族葬が向いている人として挙げられるのは例えば故人との最後の時間をゆっくりと過ごしたい人で、参列者が限定され対応の負担が少ない家族葬であれば落ち着いた気持ちで最後の時間を過ごせます。

また家族葬は一般葬と比べて費用を抑えることができるので香典の総額が一般葬より少なくなる点には注意が必要ですが、葬儀にかかる費用を抑えたいという人にも向いている葬儀だと言えます。

あとは家族葬は身内のみで行われる葬儀で融通がきくので必ずしも形式にとらわれる必要がなく、葬儀の内容について遺族の希望を反映しやすいです。

そのため葬儀の内容についてこんな感じにしたいといった希望がある人にも家族葬はピッタリで、そういった場合には家族葬を選択するメリットは大きいです。

葬儀が多様化した現在では様々な選択肢がありますが、家族葬には様々な魅力があるので自分に合っていると感じたらぜひ検討してみてください。