親友のお通夜とお葬式に参加した話

厳密には初めてではないのですが、物心がついて且つ身近な人との別れだった為、この先忘れる事はありません。

否、忘れられる事が出来ないでしょう。

去年、私の親友が突然亡くなりました。本当に突然でした。

彼女とは二十年来の付き合いで、遠い親戚でもありました。

その数日前にも連絡を取り、また会っていた為、人とはこんなにあっさりと亡くなってしまうものなのだと実感しました。

どこか具合を悪くしていたのか、何も分からないまま、淡々と事は進みます。

悲しみや混乱する気持ちを抑え、共通の友達に連絡を取ったり何かと慌しい数日でした。

彼女のお母様から弔辞を任された時、勿論と言う気持ちと、まさか結婚式より先にお葬式で読む事になるなんてと正直不安に思う気持ちでした。

しかし、一生に一度の事、私なりに思いを綴り、家族に相談しながら奮闘したものです。

お通夜、お葬式は無事に終わり、安堵する気持ちと彼女とはもうこれっきりなのだと

暫く経ってから一人で泣きました。

人間、いつ何があるか分からないからこそ、後悔の無い人生を送るべきだと私は考えております。